東京から長野に移住した起業家のブログ

ログハウスの塗り替え!外壁塗装のメンテをDIYでやってみた!

ログハウスの塗り替え!外壁塗装のメンテをDIYでやってみた!DIY・ガーデニング

築18年になるログハウス、さすがに外壁が酷くなって塗装の塗り替えをしました。

DIYレベルなのですが、こんなことも実は楽しかったりします。

ログハウスの塗り替えに必要な道具と塗装のやり方について書きました。

 

ログハウス塗装の道具

ログハウス塗装の準備

ひどい有様になってしまったログの外壁。
もう汚れというより黒カビ状態です。
さすがに塗り替えを意識しました。

でもそこは田舎暮らし。
業者さんに頼むなんてことはしません。
自分でDIYです。

ちなみに業者さんに頼むとだいたい40万円ぐらいかかります。
今回は自分でやって2万円かかりませんでした。

まず用意した道具は

・ナフタデコール
・ハケ
・薄め液
・汚れ落とし

これで十分です。

ナフタデコールは木材保護塗料です。
有名なのはキシラデコールですが、これは少々お高いです。
その点、ナフタデコールは、ほぼ性質性能はキシラデコールと同じで価格が安いです。

そしてハケははなるべく大きなモノが楽です。
今回は85㎜のハケを使いました。

で、あとで必要になる薄め液。
作業が終わったらこれでハケや容器を洗います。

塗装前の汚れ落としにはユニベックスシートを使いました。

ログハウス塗装道具 ユニベックスシート

荒目のモノがいいですよ。

 

ログハウス塗装の準備

まずは長年の汚れを落とします。
最初に外壁を水洗いして・・・なんてことが言われてますが、いきなり汚れ落とし(削り)で大丈夫です。

ユニベックスシートでガシガシ外壁をこすって汚れやカビ、前の塗装を落とします。

この時、かなり粉塵が舞いますので、帽子、メガネ、マスクは絶対にしたほうが良いですよ。

けっこう大変な作業なのですが、さらにこれがあるとはかどります。
チャンネルブラシです。

ログハウス塗装道具 チャンネルブラシ
これでガシガシこすると・・・

ログハウス塗装の準備

上っ面が剥けて、だいぶキレイになりました。
比べると一目瞭然です。

ログハウス塗装の準備
ログハウス塗装の準備 汚れ落とし

外壁には細かな削りカスなどがまだ残っていますから、ホウキでバッサバッサと払います。

これで塗装の準備はOKです。

 

ログハウス塗装 塗り替え

いよいよ塗り替えです。

塗装する前に塗料が付いてはマズイ箇所にマスキングテープを貼って・・・なんてことはしません。
塗料が付くと見栄えも悪くなることもありますが、目立つのは最初だけでそのうち薄くなってわからなくなります。

窓ガラスの周りは細心の注意を払って塗りましょう。

脚立やハシゴをかけて、上から順にナフタデコールを塗っていきます。
けっこう染みこみますがそれでOKです。
ムラとか考えずにどんどん塗っていきましょう。

はい、一度目の塗りが終わりました。

ログハウス塗装 塗り替え

完全に乾いたら二度目の塗りをします。
僕は翌日に二度目の塗りをしました。
こんな感じです。

ログハウス塗装 塗り替え

色が落ち着きましたね。

ビフォーアフターで見てみましょう。

ログハウス塗装の準備
ログハウス塗装の準備 汚れ落とし
ログハウス塗装 塗り替え
ログハウス塗装 塗り替え

はい。これにて終了です。