初心者におすすめの、大人の塗り絵ブックと塗り絵画材

スポンサーリンク

大人の塗り絵の世界へようこそ!

大人の塗り絵は、素敵な趣味です。

体力を使うことなく、運動をするわけではありませんので、年齢を問わず誰でも楽しめます。
また室内で気軽に出来る為、天候や時間などの制約がありません。

しかも高額なお金もかかりません。
まさに誰でも、いつでも、どこでも楽しめるレクリエーションなのです。


大人の塗り絵にハマってくると、画材や塗り絵ブックの選択肢が広がります。

画材は単純に色鉛筆から始まって、くれよん、水彩色鉛筆など表現豊かな手法が楽しめます。

また、塗り絵ブックにも、初心者向けの簡単なものから、上級者向けのものまでさまざまあります。

テーマを動物や植物、風景画に絞って集めた塗り絵ブックもあれば、かなり芸術的なものまで・・・

こういったアイテム選びもまた、大人の塗り絵の楽しみのひとつでもあるのです。

初心者におすすめの、大人の塗り絵ブック

大人の塗り絵が初めての方や、初心者の方はなるべく複雑でないものがいいです。

最初はいきなり上手く描く事を考えるより、画材の表現方法を感覚的に理解するための練習用と割り切って、塗り絵ブックを選べばいいでしょう。


そんな初心者におすすめの塗り絵ブックがあります。
100円ショップのダイソーさんで売っている「やさしい大人のぬりえ」です。

100円ショップダイソー「やさしい大人のぬりえ」

この塗り絵ブックは、シリーズ化されていまして「野菜編」「動物編」「風景編」などが発売されています。

タテ15cm、ヨコ20cmほどの大きさで、8作品ほど載っています。

左側に見本があり、それを真似て右側に描くように作られています。
出来上がると表はポストカードになっており、そのまま使う事も可能です。

上手く描けたら、そのままポストカードにして送るのもアリですね。
もらった方も、あなたが描いたと知ったら、驚くと思いますよ。


このダイソーさんの「やさしい大人のぬりえ」の良い所は、
・見本が付いている事
・100円なので失敗を恐れずに描ける事

100円ショップダイソー「やさしい大人のぬりえ」

まさしく初心者の方の練習用にはピッタリなのです。
まずはコレで練習してから、書店の大人の塗り絵ブックに挑戦しましょう。

もちろん、自信のある方や、物足りない方は書店の塗り絵ブックでかまいません。
驚くほど種類が発売されていますから、ご自分の好みとレベルに合ったものを選んでください。
大人の塗り絵、おすすめ
楽天ならコレがおすすめです。

市販のブックではなく、自分だけのオリジナルの塗り絵がやってみたいという方は、こんなサービスがおすすめです。
お好きな写真を、塗り絵用のモノクロ画にしてくれるサービス!

初心者におすすめの、塗り絵画材

初心者の方はやはり「色鉛筆」から始めましょう。

色数も最初はそれほど多いモノでなくて大丈夫です。
24色か36色で十分です。

大人の塗り絵 色鉛筆

たくさん色数があっても、おそらく最初は出番の無い色が多いですから・・・

それに大人の塗り絵を描いていくとわかるのですが、例えば同じ「青」でも色鉛筆のメーカーによって微妙に色が違うのです。

また、色鉛筆の描き味も、それぞれ違います。
堅いもの、柔らかいもの、すべりやすいもの、発色の違いなど・・・

いろいろ試していく中で、お気に入りを見つけていくのも、また楽しいものです。

こだわった方は、色鉛筆のメーカーを統一せずに「赤なら〇〇メーカー、青なら〇〇メーカーの色が好き」とそれぞれのお気に入りで揃える方もいらっしゃるくらいです。
こうなってくると、もう「お絵かき」のレベルを超えていますね。

大人の塗り絵、おすすめ色鉛筆はコレ
楽天ならコレがおすすめです。


そして色鉛筆に慣れて来たら、クレヨンや水彩色鉛筆にも挑戦してみましょう。

表現力が色鉛筆とはまったく違いますので、同じブックでもまったく違う仕上がりになります。

大人の塗り絵 クレヨン

理想はいろいろな画材を組み合わせて描くのが一番です。

ここだけの話、よく「大人の塗り絵」の見本として紹介されている作品のほとんどが、色鉛筆だけで描かれていません。

水彩色鉛筆だったり、クレヨンだったり、その箇所箇所で使い分けているんです。

どうも見本どうりに描けないと思っていたあなた。
色鉛筆だけじゃ、なかなか見本どおりにならなくても正解なのです。


それでは楽しい「大人の塗り絵」の世界へどうぞ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク