パステルをマスキングテープと消しゴムを使って塗る方法

パステルで色を塗る時、マスキングテープを使うとキレイに仕上がります。
パステルを削って色を付けていく方法です。

ここではパステルをマスキングテープと消しゴムを使った塗り方を解説します。

スポンサーリンク

マスキングテープではみ出ないようにガード

イラストにマスキングテープを貼って、塗る部分以外を隠します。

今回、わかりやすいように柄のおしゃれマスキングテープテを使っていますが、あまりおすすめしません。
これは粘着が強めのような気がします…

なるべく粘着力の弱いモノがいいです。

マスキングテープでガード

色を載せて指やスポンジでこすりつけます。
パステルは塗りっぱなしだと定着しないのでこすりつけてぼかして…が基本です。

パステルとマスキングテープで塗る方法

周りが剥がれないように慎重にマスキングテープを剥がしながら、次の場所、次の場所へと移っていきます。

仕上げは消しゴムを使います

パステルは消しゴムで比較的キレイに消せます。

仕上げは、練りゴム(いわゆるネリケシ)や消しゴムの角を使って、はみ出た箇所などを修正しましょう。

仕上げに白く消すと引き締まって見えます。
写真では光をいれてみました。

パステルとマスキングテープで塗る方法

パステルは定着力が弱いのでフィキサチーフという定着剤を使うことをおすすめします。

服や周りにも粉がよく散るので、汚れると困るものは避けておいたほうがいいですよ。

パステル塗り絵

パステルの持ち味がうまくいかせた絵になりました。

大人の塗り絵 パステルの塗り方まとめ!
大人の塗り絵にはパステルもよく合います。 色鉛筆や水彩とはまた違った表現ができますので、こちらもぜひマスターしてもらいたいです。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク