パステルの種類と基本的な描き方・使い方

次はパステルの使い方です。
厳密に言うとクレヨンとは別物です。

スポンサーリンク

パステルの種類

パステルとは顔料を粉末状にしたものを固めたもので、クレヨンのような形をしています。

パステルの種類

主にソフトパステル、ハードパステル、オイルパステルとあって、鉛筆状のパステルもあります。

ソフトパステル、ハードパステルは硬さが違い、伸び方がちょっと違います。

それぞれの特徴は、
・ ソフトパステル:伸びがいいので、綿や指で伸ばし易い。
・ ハードパステル:折れにくく固めなので線を描くのにベスト。削りやすい。
・ オイルパステル:クレヨンのような感じで油絵のような濃い絵が描けます。

色鉛筆と一緒で、会社によって癖も違うので、いろいろと試してみるのもいいともいます。
おすすめパステルは、コレ
楽天ならコレですね。

パステルの基本的な描き方、使い方

パステルも立てて描くこともできますし、寝かせれば広く塗ることもできます。

パステルの基本的な描き方、使い方

色鉛筆の時と同じように、削って粉にしたものを指やスポンジでこすりつけて塗ることもできます。

パステルの基本的な描き方、使い方

スポンジは化粧の時のパウダー用のスポンジが使い勝手がいいと思います。
100円ショップでたくさん入った袋で売っていますので、それで十分です。

パステルの基本的な描き方、使い方


粉にしたものをスポンジでこするとやさしい風合いにできます

パステルの基本的な描き方、使い方

綿棒や筆でもできますので、塗る場所の大きさや柔らかさなどで使い分けるといいと思います。

綿棒は細かい箇所に。
筆は違和感なく綺麗に混色して伸ばせるので、広い箇所で使うのがおすすめです。


パステルは消しゴムで比較的キレイに消せるので、練りゴム(いわゆるネリケシ)や消しゴムの角で、仕上げに白く消すと引き締まって見えます。

写真は光をいれてみました

大人の塗り絵 パステル

パステルは定着力が弱いのでフィキサチーフという定着剤を使うことをおすすめします。
服や周りにも粉がよく散るので、汚れると困るものは避けておいたほうがいいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク