色鉛筆での影や立体感の付け方

色を混ぜて(混色)、影を作るコツです。

影は同じ方向から光が当たっていることを前提に、反対側につけていきます。

色鉛筆での影の付け方

これは影付けの基本中の基本です。

影を付けることで、より立体感を表現できるようになります。
ぜひ、マスターしましょう。

スポンサーリンク

影を使った立体感の出し方

円筒状のものがわかりやすいので、これで説明します。

光は反対の端っこにも、照り返しで明るくなります。
ですから両端は明るくします。

ポイントは、端っこよりも少し手前に一番濃い色を持ってくる事です。
これでかなり立体感が出ます。

影を使った立体感の出し方

一番明るいところはわざと紙の白を残して塗らないでおいて残しておきます。

消しゴムでも消えることもありますが、完全に白にはできないので…。

最後にホワイト(白い絵の具)を入れるのもアリです。

球体の立体感の出し方

暗いところと明るいところに、いろんな色を重ねていきます。

一色だとこんな感じです。
最初は均等に塗ります。

それから影になる部分を、少しづつ濃くしていきます。

球体の立体感の出し方

影の部分を濃い色で表現するのです。

最後に、一番明るいところを消しゴムで消すと、より立体感がハッキリしてきます。

大人の塗り絵が最速で格段に上手くなる方法!もおすすめです!


※ テレビCMでも有名な通信講座のユーキャンにも「色えんぴつ画講座」があります。
無料で資料請求が出来ますので、ぜひどうぞ。
無料資料請求

水彩画アフィ
スポンサーリンク
スポンサーリンク