色鉛筆の上手な塗り方のコツ!重ね塗りと混色の方法!

大人の塗り絵の色鉛筆を使った塗り方のコツを紹介します。

大人の塗り絵入門者は、ほとんどの方が色鉛筆から入ります。
大人の塗り絵を楽しむための、基本中の基本といっても過言ではありません。

まずは、この色鉛筆の使い方、塗り方をしっかりマスターしましょう。

スポンサーリンク

色鉛筆には塗る順番がある

まず、いつも色鉛筆の芯は少し長めにして、なるべく尖らせておきましょう。
こうしておくと輪郭や細かい部分も塗りやすいです。

また、広い面を塗るときは少し鉛筆を寝かせてあまり力を入れず、手首をきかせて上下、左右に塗り込んで行きます。

その時、線と線の間の隙間が出ないようにするとムラなくきれいに塗ることができます。

色鉛筆の上手な塗り方のコツ


色鉛筆には、色を塗る順番もあります。
色は明るい色、鮮やかな色から先に塗っていきます。

暗い色を先に塗ってしまうと色が混ざりやすくなってしまい、くすみやすくなってしまうからです。

色鉛筆の上手な塗り方のコツ

その事を意識しながら色合いやイメージを考えて、まず全体を明るい色でざっくりと塗っていきましょう。

色鉛筆の重ね塗りと混色

次に全体のイメージが整ってきたら、今度は一つ一つの形をていねい塗り込んでいきます。

ここで使う手法が重ね塗りです。
色鉛筆は何度も塗り重ね色を混ぜていくと色に深みが出てくるのです。

例えばオレンジ色なら、ただオレンジ色を1色でぬるよりも、黄色、ピンク、赤、などを使って混ぜ合わせた方が暖かみや深みがでてきます。

色鉛筆の重ね塗りと混色

葉のグリーンも黄色や黄緑、濃い緑、青、それら2色以上を使って何度も塗り込んでいくと、深みが出て葉の厚みも感じられるようになります。

また、逆に明るい部分はあまり塗り重ねないようにすると良いです。


このような色鉛筆の混色のサンプルをスケッチブックなどに描いて残しておくと、あとあと便利です。
大人の塗り絵に慣れるまでは、とても役立つサンプル帳になります。

そして全体を仕上げていくとメリハリがつき、絵がぐっと浮き出て印象の強い作品になります。

色鉛筆の重ね塗りと混色

先に明るい色で全体をザッと塗る。
その後、混色して重ね塗り。

これが色鉛筆で上手に塗るためのコツ、ポイントです。
大人の塗り絵におすすめの色鉛筆はこの中から選べば失敗がありません。

楽天の色鉛筆ならこの中から選んでみて下さい。


※ テレビCMでも有名な通信講座のユーキャンにも「色えんぴつ画講座」があります。
無料で資料請求が出来ますので、ぜひどうぞ。
無料資料請求

水彩画アフィ
スポンサーリンク
スポンサーリンク