色鉛筆で塗る時の色の乗せ方と塗る順番は?リンゴの塗り方で具体的に解説!

色を塗る時に初心者さんの場合、どの色を選んで、どの順番で色をのせればいいかわからないですよね。

この色鉛筆の、色の選び方と色を乗せる順番を、身近なモチーフであるりんごを使って図解で解説します。

ちょっとした色の乗せ方の上級テクニックも紹介しますよ。

スポンサーリンク

色鉛筆で塗るときの色の選び方

まず、どの色を使うか悩んだときには、
モチーフを3つのパーツで分けて考えると色を選びやすくなります。

① ベース
モチーフのなかでも大部分を占めている部分。
主役となる色を選ぶ。

② 陰影
光が当たりづらく影ができている部分。
①よりも色が暗い(濃い)色を選ぶ。

③ ハイライト
光が当たっていて明るくなっている部分。
ここには色は塗らない。


実物のりんごを観察し、上で説明した3つのパーツを見てみましょう。

全体は赤く(①ベース)、
左右の上のほうからりんごの中心にかけて暗くなっています(②陰影)
上部は光があたって白くなっています(③ハイライト)

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番

このようにモチーフを3つのパーツで分けて考えれば、単純明快になり色が選びやすくなります。

色鉛筆の塗り方 色の乗せ方の順番

上記の3つのパーツを意識しながら、続いて塗る順番をご説明します。

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番

① ベースを塗る

まずベースの「赤」を塗ります。
りんごの丸みに沿って塗っていきましょう。

このときハイライト部分は色をのせないようにします。
下地の紙の「白」残すことで光を表現します。

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番 ハイライト

② 陰影を塗る

つづいて、影を塗ります。
今回は「赤茶」を使用します。

上のパーツで分けたように、左右上部から中心にかけて描いてきます。

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番 陰影

③ 馴染ませる

陰影を塗ったら、それを再びベースの「赤」で馴染ませていきます。

陰影と、もともと塗っていたベースの境目が自然になるようにします。

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番 なじませる


たった3ステップで立体的なりんごが出来上がりました。

色鉛筆の色の乗せ方 上級テクニック

上記のやり方だけでも十分キレイに塗れますが、ここに少しテクニックをプラスするだけで、いっきに上級者のような仕上がりになります。

バーニッシング

全体に明るい色を入れて、ムラを消す作業です。
また、色調も上がり、全体的に明るいイメージになります。

バーニッシングには「白」や、「黄色」などを使うといいでしょう。
今回は「白」と「黄色」両方を入れてみました。

表面にツヤ感が出て、色味も鮮やかになり、よりおいしそうなりんごになりました。

バランスを見てさらに影を入れる

特に影が濃くでる部分に暗い色をいれます。
例えばモチーフ自体が重なり合っている場所や、地面と接している場所などです。

「黒」でもいいのですが、「黒」は色の主張が激しいので、馴染みがいい「焦げ茶色」や「灰色」がおすすめです。

今回はりんご同士が重なる部分に「焦げ茶色」を入れてみました。

モチーフそれぞれの位置関係が明確になり、よりメリハリのある絵になりました。

色鉛筆の色の乗せ方と塗る順番 上級テクニック


今回はりんごを用いて基本的な塗り方をご紹介しましたが、りんごに限らず、さまざまなモチーフに共通して使える塗り方です。

是非、実践してみてくださいね。

大人の塗り絵 色鉛筆の塗り方使い方まとめ!
大人の塗り絵の基本中の基本が「色鉛筆」です。 この色鉛筆の塗り方、使い方、コツをマスターする事で、塗り絵は格段に上手くなります。 見...

水彩画アフィ
スポンサーリンク
関連コンテンツ