色鉛筆を削って色を塗る方法!ボカシのテクニック

色鉛筆や水彩色鉛筆に共通して使える表現方法です。

優しいボカした雰囲気を表現できます。

この色鉛筆を削って色を塗る方法、ボカシのテクニックを画像付きで解説します。

スポンサーリンク

色鉛筆を削って綿棒や指などで伸ばすやり方

カッターなどで色鉛筆の芯の部分を細かく削ります。

色鉛筆を削る

削った粉末状の色を、塗りたい箇所に綿棒でのばします。

綿棒でのばす

混色するのだったら、伸ばす前に他の色も削ってのせましょう。

伸ばして混色したものがこんな感じです。
水色と緑を少々混色しています。

伸ばして混色

色鉛筆であればこれで完成です。
優しくもやっとした、柔かいボカシた雰囲気になりますね。

水彩色鉛筆であれば、この状態からさらに水筆で水を塗って完成です。


色を塗る箇所によって、表現方法を変えていくと、より深い味わいのある絵になります。
少しずつマスターしていきましょう。


※ テレビCMでも有名な通信講座のユーキャンにも「色えんぴつ画講座」があります。
無料で資料請求が出来ますので、ぜひどうぞ。
無料資料請求

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする